ひよこ組の活動状況

2月の活動状況

 散歩に出るのにジャンバーを着て出発します。歩いているとうっすら汗ばむ日もありました。様子を見てジャンバーを脱ぐように声を掛けています。ジャンバーを脱ぐと動きやすいこともあり一人が脱ぐと「私も!!」とばかりにジャンバーを脱ぎ始めます。衣服の調整とまでは言えませんが友達の姿を通して自分の意思を伝えられるようになったことに成長が感じられた瞬間でした。

 ままごとコーナーを設定して2ヶ月が経ちました。始めは一人ひとりが食べる真似をしたりコップが倒れたら拭く真似をし模倣遊びを楽しんでいました。それが2月に入ると月齢の大きい子たちは保育士や友達・ぬいぐるみを相手にご馳走を食べさせて遊ぶようになりました。食べさせた後には「おいしい?」と聞いてきたりもします。保育士が「にがい」「辛い」「すっぱい」などの味覚を言葉で伝えていくことで「にがい?!」と復唱をして覚えようとする姿がありました。覚えると「辛い?」と聞いてみたり、食べさせる前から「すっぱい!!」と言いすっぱい顔をしてもらうのを期待して待つ姿も見られるようになってきました。

 単純なやりとりのようにも思えますがこういうやりとりを繰り返す中で言葉だけでなく人と関わる楽しさや喜びも感じてくれればいいなと思っています。

<3月のクラスの目標>

・暖かい日は戸外で体を動かして遊んだり散歩を楽しむ。

・気に入った手遊びや歌を繰り返しすることを楽しむ。


各クラスのようす

ホームに戻る