りす組の活動状況

2月の活動状況

 

 室内、戸外での活動をする中で、集中して一つの活動を楽しめる子が増えるとともに、やり終えた気持ちを「○○できたよ!!みて!」と、自分の言葉で伝えられる子が多くなりました。「うわぁ、すごいなぁ!かっこいいなー!(かわいいなぁ)」と大人が子どもの出来た気持ちに共感すると、自分の気持ちが伝えられたこと、認められたことが自信に繋がり本当に満足そうな笑顔を見せてくれます。また、その様子を見ていた子も、『自分も出来た!みて!』という気持ちを言葉や、表情で伝えてくれます。ひとりひとりの成長を感じるとともに、子どもたちの心に共感し、喜びや自信につなげていくことの大切さを感じます。 

 今、主活動や給食、おやつをグループですすめています。そうすることで、自分だけでなく、周りにいる子のことを意識できるようになってきました。子ども同士の関わりが増え、刺激になっています。お友達のことを待ってあげることができたり、思いやる気持ちも芽生えてきています。やさしいきもちをあたたかく育んでいきたいです。

 次年度への移行にむけて、自分で出来ることは、自分で出来るように見守りながら援助しています。(お家の方と連携をとりながら進めていきたいと思っています。よろしくお願いします。)

<3月の目標>

・遊びを通じて、友達(周りにいる子)との関わりを楽しむ。

・戸外で体を動かして遊ぶことを楽しむ。


各クラスのようす

ホームに戻る