学童四日市文化会館へパラオ展を観に

平成19年8月2日

夏休みの初めての外出です。普段していないことをさせてやりたいと、子どもたちに往復のお金(800円)の管理も自分でさせ、バス、電車と乗り継ぎ、四日市駅から四日市文化会館まで歩きました。
電車の切符の買い方も、行きは指導員に教わりながらでしたが、帰りは「自分でできる!」と皆、スムーズに切符を手に入れることが出来ました。今の時代、家族の外出も車に乗り込んで目的地に着き、また家に帰るという生活が普通ですが、目的地に着くまでの間、バスの中でおばあさんと話をしたり、席を譲り合いをしたり、電車から窓の外の人と手を振り合ったり、等沢山のことを子ども達は見てくることが出来ました。
パラオは三重県と友好関係になっているそうです。人口は2万人。美しい自然の写真や、沢山の昆虫などに子ども達は目を輝かせていました。国旗は青い海に月が昇るという意味があるそうです。出かける前には、地球儀で位置もしっかり調べてでかけました。

画像をクリックすると大きくなるよ!


学童保育元気っ子クラブ

ホームに戻る