元気っ子
No. 84 平成17年2月1日

         園 長  中 瀬 弾 正

学力は元気から! 早寝早起き、食事の対話が必要! 競走より生活改善を!

 百ます計算で有名な蔭山校長の講演の記事を新聞で読みましたが、その要旨は次のとおりです。「今の子供達の学力が低下している」と言われているが、蔭山さんは「学力だけでなく、体力、気力を含めた『生きる力』がそもそも低下している」、「競争原理の導入より、子どもの生活習慣の改善が先決だ、テレビ、ゲームなどで眠る時間、家族との対話や読書、友だちとの会話が減っている。テレビを見る時間を少なくして早く寝る、生活リズムをつくり、一緒に食事をして家族同士の対話が必要だ」と言っています。

 私はこの先生のことは百ます計算ということで以前から知っていましたが、詰め込み教育という風に思っていました。その百ます計算の狙いは「ゆるぎない知識と基本が自ら考える力の土台になる」との考えで、決して勉強勉強と言っているわけではありません。蔭山さんはテレビなどの「ディスプレー依存症」を克服するだけでかなりの教育問題が解決できると言っています。もっと授業時間を増やせと言ってもいません。また、「国際調査で成績がトップクラスだったフィンランドも5日制だし、むしろ子供達の体験学習や親と子どもが一緒に過ごす時間を増やす方が、社会全体で子育てを考える上で重要だ」とも言っています。

 私は新聞報道で見られるように、親のわが子に対する虐待や逆に鉄アレイで親をめった打ちにして殺したり、様々な世も末かと思うような事件がそれこそ次から次へと起こってきていますが、その原因の大きな部分をテレビなどのディスプレー依存社会が占めていると思います。

 社会全体が夜型になっていて、それにつられて子どもも夜遅くまで起きてしかもテレビ漬けになっているケースが多いように思います。子どもの育つ環境として、私に言わせれば最悪です!

 蔭山さんの学校では6年生の半分近くが9時半までに寝ており、夕食を家族全員で食べている家庭も50%以上で、家族同士の対話が有るからコミュニケーション能力が高まり、友達とも元気に遊ぶということです。

 NHK番組の「クローズアップ現代」でも、不規則な就寝は脳の正常な発達を阻害すると言っていました。

とにかく保育園時代などの子どもの成長にとって大事な時期には、早寝早起きなど規則正しい、リズムのある生活をまず親が保障してやらなければと私は強く思います。(蔭山さんの記事は掲示板に貼ってあります。)

★ 生活発表会について

リハーサル・・・2月10日(木)

本  番   ・・・2月12日(土)

時  間   ・・・9時30分〜12時終了予定

場所・・・鈴鹿市文化会館 けやきホール   

 リハーサルは、平常保育の中でおこないます。本番は文化会館に集合となります。詳しくは後日案内を 配布します。この日の延長保育はありませんのでご了承ください。

 ★ 新クラス移行について

  4月1日から、子どもたちはひとつずつ年齢が上がります。特に、りすぐみの子どもたちは二階から一階  のうさぎの部屋に、うさぎぐみの子どもたちは幼児棟へと住環境も変わります。子どもたちにとっては、お部屋が変わり、友達が変わり、先生が変わる、この時期は不安や戸惑いから不安定になることもしばしばあります。そこで、昨年のように緩やかな進級「新クラス移行」を2月21日(月)からおこないます。4月1日までは、担任は変わりません。3,4歳児はこれまでの自分たちのお部屋に、新しくもうひとつ年下の友達(現在うさぎ組)を迎えるという形になります。基本的に2月21日(月)に移行した部屋が今後一年間過ごすお部屋です。そして、5歳児は卒園までライオンのお部屋で小学校入学に向けての準備をします。4月から子どもたちがスムーズに新しい環境になじめるように援助していきたいとおもいます。

2 月 の 予 定

 
3日(木) 歌唱指導(辻先生)
8日(火) バス代・諸雑費集金
9日(水)

あそぼうデー(武田先生来園)

歌唱指導(辻先生)

10日(木) 生活発表会 リハーサル
12日(土)

生活発表会 本番(鈴鹿市文化会館)

うさぎ・トトロ・ピノキオ

16日(水) 手作りお弁当の日
23日(水) 歌唱指導(辻先生)、あそぼうデー
25日(金) お誕生会
                

               

     

             


元気っ子TOPに戻る

ホームに戻る