元気っ子
No. 87 平成17年5月6日

                                園 長  中 瀬 弾 正

★連休はどう過ごされましたか?私は一日は信楽へぷらっと行きました。道中、新緑、山桜、岩つつじなどが美しく、ゆったりと『春』を感じさせてくれました。心までうす緑になってリフレッシュされた感じです。一日は京都の清水寺に草津線などJRを乗り継ぎながら行きました。バスに乗って清水寺口まで行き、そこから陶器を見ながらぷらぷら歩いて清水寺にたどり着き、久しぶりに拝観しました。お堂の茅葺、お堂の柱、舞台を支えている何本もの太い柱など改めて美しいし、すごいなと感動しました。

★園庭では、黄色や白、ピンク、それに紫の花(あけび、レモンなど)が咲き、今はそれも順番に散ってだんだんと新緑の世界となってきました。新緑を見ていますと、『芽吹く』という言葉があるように新しいエネルギーが内から次から次へと吹き上げてきているように感じます。

人間で言えば植物の『新緑』に当たるのが子供たちです。子供たちも毎日次から次へとエネルギーが湧き上ってきていると思います(私はもうそろそろエネルギーが切れそうです?)。その朝湧き上がったエネルギーをその日で全部使い果たし、夜になればバタンキューと深い眠りに入るのが素晴らしい子どもの一日だと私は思います。

ところが、最近は色々なストレス、運動不足、不規則な生活などでその湧き上がったエネルギーが消化不良に終わり、その結果、ふん詰まり状態になって次の新しいエネルギーが湧き上がってこない、この繰り返しで、だんだん元気がなくなり、本来の子どもらしさがなくなっていく、私はそのように感じています。私たち親、大人は子どもたちがその日に湧き上ったエネルギーを如何に元気に使い果たすか、如何にそういう環境をつくってやれるか考えなければいけないと思っています

    

★最近テレビの影響か、子どもたちの言葉遣いが悪いのが気になります。言葉は体を表すと言われますが、言葉遣いも基本的なしつけの一つです。挨拶や言葉遣いなど基本的なしつけというのはその子の生きていく上でとても大事なことです。

そして基本的なしつけは、「三つ子の魂百までも」というように小さい頃にしか本質的には付けられないのではないかと考えています。保育園でも気がつけば全体的にも個人的にもその都度注意するようにしていますが、家庭においても宜しくお願いします。悪い言葉遣いをして損をするのは誰でもない、その本人です!

市川 温予

新年度がスタートして約1ヶ月。新しく入園したお友達は大好きなおうちの方とはなれての生活にさみしくて涙する子もいます。でも、それがあたりまえなのです。泣いている子もOK。泣かない子もOKなのです。

いろんな子がいていいのです。どんな子でもまるごと受け止めていきたいと思っています。

今年度のスタートは、異年齢クラスのメンバーは昨年と同じです。2歳児クラスが2月の中頃に異年齢クラスに移行して生活をしました。

新年度がスタートした初日、各クラスあまり混乱はなく、とくに在園児は落ち着いてコーナーに入り遊んでいました。また、4歳児ですが、昨年は3歳児で一番下でしたが、昨日は新しく入った3歳時の面倒を見てあげている子の姿をみました。きっと、その子は昨年自分も同じことをしてもらったのでしょう。いろんな子にやさしくしてあげる気持ちってとても大切ですよね。

毎日の「異年齢の活動の様子」は、正面玄関のホワイトボードに提示させていただきますので、必ず読んでください。

どうしても伝えなければならない事は連絡帳に記入したり、電話をさせていただきます。特に新入の方やバス通園の方には連絡をきちんとさせていただきたいと思います。

担任も毎日返事を返すというのは無理な時もありますので、よろしくお願いします。その分、子どもたちをよく視て、接していきたいと思っていますのでご理解いただきたいと思います。

                                  

5 月 の 予 定

6日(金) 内科検診(川瀬先生来園)
10日(火) バス代・諸雑費集金
25日(水)

あそぼうデー(武田先生来園)

手作りお弁当の日

27日(金) お誕生日会

 

    

        

保育参加、子育てのお話を聞く会・給食試食について

毎年5月に実施していました保育参加、子育てのお話を聞く会・給食試食は、7月上旬頃に実施する予定です。後日、別途案内をしますのでよろしくお願いいたします。

       

      

  

               

     

             


元気っ子TOPに戻る

ホームに戻る