元気っ子
No. 89 平成17年7月4日

         

              

 園 長  中 瀬 弾 正

★平均して女の人が一生に生む子どもの数を特殊合計出生率と言いますが、それが2年続いて1.29となりました。約2.1以上でないと人口が減っていくわけです。最近は、NHKテレビでも少子化問題を特集で放送したり、新聞等でも連日大きな問題として取り上げています。私が生まれたときから数年が団塊の世代と言われ、1年間に260〜80万人の赤ちゃんが生まれていました。それが近年130万人を切っています。急激な少子高齢化が問題なのです。

国は必死になって、子どもが増えるように色々な施策を出してきていますが、なかなか思うようにいかず子どもの数は減り続けています。少子化が進むと色々な問題が起こりますが、最大の問題は老人が多くなり、それを支える働く人が少なくなって経済が破綻するということです。

しかし、経済の話はともかく、なぜ女性が子どもを生まないかということです。結婚する年齢が上がってきたこと、結婚しない人が増えてきたことも確かに大きな要因ですが、今の時代が安心して「子どもを生み育てられる時代」かということです。子どもを一人前にするのにお金がかかりすぎるのも確かにその通りですが、ぶっそうな世の中で安心して子どもを生めない、育てられないというのが一番の問題だと思います。なんとなく子どもを育てるのが不安だというのが現代の親の思いでしょう。

お金がかかるというのも確かですが、親が本当はかけなくてもいいお金をかけているというのも大いにアリです。小さい頃から習い事、塾通い、私に言わせればそれは本当に必要かということです。物騒な世の中も、結局は私達みんなが作り出したとも言えます。家族どおしでも一人一人がばらばら、地域もお互いに知らん顔、極端に言えば、田舎ですら隣にお嫁さんが来ても知らない、赤ちゃんが生まれても知らないという現実は実は私達一人一人が作ってきたのです。NHK特集で堺屋太一さんが言っていましたが、今や、経済つまりお金から、心の充実という方向に価値観を転換しないことにはどうにもならないということです。

私はこのままいけばこの世の中はもっと物騒な、何が起こるかわからないそういう世の中になると思います。政治や行政はもちろん大事ですが、そればかりに頼るのではなく私達一人一人がこれでいいのかと自問しながら、自分の人生に責任を持って生きていくことが何より大切だと私は思っています。

★いつも深小の校長先生から「深小便り」を送ってもらいます。今回は「チャレンジしてみてはどうですかノーテレビ生活」を興味深く読ませていただきました。前回は『感動する心を磨く』という【テンプレート集から】の引用が載っていました。感動して読ませていただきましたので、それを又引用させていただきます。

『自然の美しさに感動する心、人の心や行為の美しさに感動する心は、人間愛、自然愛の源であり、思いやりの心、感謝の心、奉仕の心、助け合いの心の生まれ出る土壌とも言えます。美しいものにあこがれ、美しいものに心ふるわせる子どもに育てたいものです。

 盲目のバイオリニストの和波孝よしさんは、小さいとき、いつもお母さんといっしょに外へ出かけていました。お母さんはじぶんの目に見えたもののすべてを、ひとことひとことていねいに、根気よく孝よしさんに話して聞かせました。

 夜空の星のきらめきや月の輝き、色とりどりに咲く花、商店の飾り窓のようすなどお母さんの話から孝よし少年は、自分の目で見た以上に心の世界を広げ、イメージをふくらませ、優しい心に育っていったのです。

 美しいものに感動する心は、親が美しいものに関心を持ち、自分自身の感動を言葉で子どもに伝えていくことの積み重ねからつちかわれます。うぐいすの歌声も、はじめは親鳥や友だちの歌声の美しさをまねて鳴き、次第に自分の声も美しいことに気づき、ますます美しくさえずる努力を重ね、声に磨きがかかるのだそうです。

 美しさに触れて、「ああ、すばらしいな!!」と親も子も共感する体験を数多く持ちたいものです。』

7月の予定

6日(水)

歌唱指導(辻先生)・諸雑費・バス代集金

6日(水)〜8日(金)

石薬師高校、インターンシップのため来園

7日(木)

歯科検診

8日(金)

保育参加・給食試食・講演会

13日(水)

あそぼうデー

20日(水)

歌唱指導(辻先生)

26日(火)

ライオン組磯山保育園と交流

27(水)

あそぼうデー

29(金)

お誕生会

30(土)

夏の集い(雨天の場合は8月6日土曜日に変更)













お願い

・お迎え時、子どもを駐車場前の遊具で遊ばせるとき、子どもの動きに目を配ってあげてください。遊具からの落下や駐車場への飛び出しなど「ちょっと目を離したすきに」ということがおこらないとも限りません。特に金曜日などはお母さん達も気が緩みがちになりますので、ご注意を。 

・車でのお迎え時、玄関前の駐車場は、特に金曜日は4時から5時ごろ混雑のピークを迎えます。職員が出て誘導を行いますが、皆さんのお迎えがスムーズにいくようご協力をお願いします。子どもが「もう少し遊んでいきたい」と言った場合など、西の広場に車を移動させるなどして駐車スペースを、長時間占領することのないよう配慮してください。


元気っ子TOPに戻る

ホームに戻る