副園長  市 川 温 予

本格的な夏到来!

梅雨明けしたと思ったら、毎日暑い日が続いていますが、一気に気温が上がり、真夏日ですね。子ども達はそんな暑さを吹き

飛ばすかのように、プールあそびや泥んこあそびなどを楽しんでいます。

子ども達を見ていると「入園当初は泣いてばかりで毎日お母さんと離れなかったのに・・・」とか「こんなことできなかったのに

・・・」など、一人ひとりの成長の姿が見られ、また先生達もそんな子ども達の姿を嬉しそうに見守っています。

先週の土曜日(7月26日)に夏祭りでライオンさんが披露した「ソイヤ」ですが、暑い中、毎日一生懸命に練習していました.。

小さいお友達(0歳から4歳)に披露した時は、みんなライオン組さんの踊りに釘づけでした。太鼓の音や元気な踊りに、小

さい子は「すごいなー、ライオンさん」「かっこええなあ」とあこがれのまなざしでした。

大きい子の姿をみて、「楽しそうやな〜、すごいなー、やってみたいなー。」と感じることも学びのひとつで、心が動かされることは

とても大切なことだと思います。こういう感動体験がいっぱい、いっぱい必要だと私は思います。

 そのために、私達保育士がいい環境を用意して、保育の質を向上させていかなければと思っています。

保育園の保育内容は、ご承知のように「保育所保育指針」に基づき保育をしています。今回、この保育指針が改正され、

平成21年4月1日から施行されることになりました。今までは厚生労働省児童家庭局長による通知として定められていまし

たが、今回は保育内容の質を高める観点から、厚生労働大臣(舛添要一)が定める告示となりました。

これから、ますます保育園が果たすべき役割が重要になり、その役割、機能が発揮できるよう、保育の内容の質を高めること、

また、保育所の組織性や職員の専門性の向上が求められるようになりました。

また、保育所保育指針の改定では、保育所は家庭養育の補完にとどまらず、生活の場であると位置付け、家庭を支援す

る役割が強調されています。

ながさわ保育園も保育の質、職員の質を向上するために、外部研修に参加したり、園内研修をしたりと努力をしています。

これからも子ども達が、いい環境の中で生活できるように、私達も研修や自己研鑽を通して専門性の向上に努め、専門職と

しての責務を果たしていかなければと思っています。

まだまだしばらくは暑い日が続きますがお互いに暑さに負けず頑張っていきましょう。

8月の行事予定

8月の献立


元気っ子TOPに戻る

ホームに戻る